技術のページ


更新H23.1.18 
加害者側にとってばれてはいけない最重要技術は思考盗聴の技術です!!

このサイトが、犯罪者に破壊されない内にWordなどに保存していただければ幸いです。


思考盗聴

●思考盗聴の技術に関して被害者の方とSkypeなどでお話をしていると突然通信が切られます。
●ホームページで思考盗聴技術をまとめると情報が改ざんされたり、集めた情報が削除されます。
●電磁波や赤外線によると被害者が書き出すと、超音波で行っていると書く者が現れる。
●思考盗聴技術に関して被害者と接触すると強烈な妨害工作を受ける。

以上のことから加害者側にとってばれてはいけない最重要技術は思考盗聴技術であることが分かります。
従って、このページは必ず保存して頂くことを希望します。

思考盗聴はトリック
と考えておられる方は是非とも以下のページを参考に勉強して下さい。 その上で、思考を盗むと同時に、
思考の送信(無意識音声送信)が有ることに気付かれるべきです。

思考の送信
思考の送信とは、耳で聞くことの出来る可聴音域20Hzから20KHzの範囲を超えて、耳には聞こえない電磁波や超音波で音声を受信させられることにより、無意識に自分の考えと思わされてしまう音声送信の技術のことです。

思考の盗聴
以下にウエブサイトのリンクを貼ります。


思考盗聴の技術

思考盗聴装置の開発方法

加害者への公開質問状

思考盗聴装置の開発方法 はじめに

思考盗聴装置の開発方法  New!

≪ 物理的に、技術的にかなり確かな思考盗聴技術のまとめ ≫

≪ 2chの近赤外線による思考盗聴説 ≫

≪ 近赤外線を利用した遠隔からの思考盗聴 ≫



No.84 「東芝の電波応用技術および企業犯罪」について 2001.3.22 23:43

大槻義彦氏は思考盗聴装置の存在を否定 2011年1月13日


盗聴器

レーザー盗聴器を使用している動画


盗撮器

テンペスト(Tempest)  とは、パソコンからの微弱漏えい電波を遠く離れたところから受信し、パソコン画面をそのままモニター画面に映し出す盗撮技術です。 正確には漏洩電磁波盗聴ではなくて漏洩電磁波盗撮です。
この技術を使えば、見えるパスワードは盗み放題です。


空港の全身スキャナー
この技術を使えば当然家の壁も突き抜けて部屋の中が丸見え状態です。



特定の標的に音を「発射」する技術、米軍が開発中
マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」
思考がパスワードに――脳波パターンでID認証(1)
裁判所で脳スキャンが真実を語る!?


お勧め「」はこちら↓↓


総務省が平成13年に五感の情報通信に関する研究会を開いています。

総務省広報誌平成13年 8月号
五感情報通信技術に関する調査研究会


五感情報通信技術に関する調査研究会 報告書
五感情報通信技術に関する調査研究会(第1回) 議事要旨
五感情報通信技術に関する調査研究会(第2回) 議事要旨
五感情報通信技術に関する調査研究会(第3回) 議事要旨
五感情報通信技術に関する調査研究会(第4回) 議事要旨
五感情報通信技術に関する調査研究会(第5回) 議事要旨
五感情報通信技術に関する調査研究会(第6回) 議事要旨
五感情報通信技術に関する調査研究会(第7回) 議事要旨



独立行政法人理化学研究所

乱数放送


my Picturetown  2GBまで無料 
効果音・BGMフリー音素材の01SoundEarth

番号 種類 説明 備考
盗聴 レーザ盗聴器