被害者は決して自殺してはいけません!!

親が自殺した時点で子どもが17歳以下だった場合、その子供が将来自殺する確率は約3倍。

親が事故死した時点で、子どもが12歳以下だった場合、その子供将来自殺する確率は約2倍。

スウェーデンの人口統計を約50年間調査した結果です。 日本は調査しないのだろうか?!
事実がばれると世界第6位の自殺大国日本の現状が世界に暴露されてしまうので困るためでしようか?

以下は、毎日新聞 2010年4月22日より引用

思春期までに親を自殺で失うことは、遺児がその後自殺する要因の一つとなりうることが、米国とスウェーデンの研究チームの調査で分かった。17歳以下で自殺遺児となった場合、両親が健在の同世代と比べて自殺死亡率は3倍高いが、18歳以上では顕著な差はみられなかった。自殺と遺伝を関連づける声を否定している内容で、日本でも絶えない自殺遺児への支援を考える上で注目される。21日付の米児童青年精神医学会誌(電子版)に掲載した。

スウェーデンの人口統計を約50年さかのぼり、25歳以下で親を自殺で失った遺族・遺児(4万4397人)の生存状況を調べた。また、親の死亡前に子が精神疾患や発達障害とみなされた例は除いた上で、同期間に25歳以下で事故や病気で親を失った遺族・遺児約45万人、両親健在の約380万人と比較した。

その結果、両親が健在の同世代と比較して、12歳以下で自殺遺児となった群の自殺死亡率は3倍、13〜17歳の場合は3.1倍高いことが分かった。18〜25歳の場合は1.3倍で、思春期の子どもに与える影響の大きさをうかがわせている。

一方、事故で親を失った遺児の自殺死亡率は12歳以下の場合、両親が健在の群に比べ2倍高かったが、上の年齢で違いはなく、それ以外の原因で親が死亡した場合も年齢に関係なく差はなかった。  
研究チームの米ジョンズ・ホプキンス大は「いつ、どのように親を亡くしたかが子の自殺に強く関連している。親を失った直後から専門家が見守ることが重要」と指摘する。【八田浩輔】

雇用情勢悪化、追い打ち 「死にたい」失業者の8割近く 救える命・自殺未遂者を支える:松本俊彦さん 自殺のシグナルを受け止めて 秋田 毎日新聞 2010年4月22日 15時00分(最終更新 4月22日 15時00分)

引用終わり


虐めっ子が死んだ

虐めっ子が死んだ