≪ 物理的に、技術的にかなり確かな思考盗聴技術のまとめ ≫



≪ 物理的に、技術的にかなり確かな思考盗聴技術のまとめ ≫

1、思考情報や、視覚情報、聴覚情報、
  夢やイメージ映像などは全て電気信号であること

2、思考盗聴とは、脳内で活発に活動している思考情報などの
  電気信号を測定し、解読している測定技術であること

3、脳内の電気信号を測定する技術は、
  直接その電気信号を測定するには、かなりの近距離で
  ないと不可能なため、加害者が用いているのは
  キャリアを使用して遠隔から測定している技術であること
  
  また、脳内にRFIDタグのようなICチップを埋め込んで
  思考盗聴している可能性は
  
  内蔵電源型のRFID:常時電波を発信し続けるには電池の寿命が短すぎる
  (一般に電池型盗聴器の寿命は3日程度なので、
  内蔵電源型のRFIDもせいぜい3日ぐらいしかもたない)
  
  外部電源型のRFID:電波の届く距離が最大でも数mと短すぎる
  
  という問題があり、限りなくありえない
  
4、脳内の電気信号を測定するのに利用しているキャリアは、
  音波では、電気信号によって変調されないので不可能
  磁気光学効果によって変調されて
  頭蓋骨を貫通する近赤外線、マイクロ波、電波
  によって思考盗聴が可能である

5、盗聴できる情報は、脳内で活発に活動している電気信号で
  あるため、思考情報、視覚情報、聴覚情報、その他五感情報、
  夢やイメージ映像などの、リアルタイムに今現在
  見聞きなどしている情報の電気信号だけを盗聴することができる

  したがって、記憶に関しては、脳内で活発に活動している
  電気信号でないため、盗聴することはできない